すてらでぃあ

人形は四畳半で夢をみる

イラストや文字を自由に書いているブログ。

実はちゃんと磨けてなかった!「正しい歯の磨き方」

 f:id:mottii0609:20180409014113j:plain

こんにちは、もっちぃですU。・x・)ノ
今回は「歯磨き」の話をしていきます。

お時間ありましたら、ゆっくり覗いていってくださいね。

スポンサーリンク

 

 

実は、ちゃんと磨けてなかった…

f:id:mottii0609:20180409014107j:plain

私、歯医者とか病院とか「人に看て貰う系」は苦手なんです。
でも、どうしても歯が痛かったんで、最近になってやっと歯医者さんに行ってきました。

以前通っていた歯医者さんは、自分に少し合わない感じだったので、ネットで調べて新しいところに行ってみたんですが…
その歯医者さんがね、めっちゃ良かったの(*´艸`*)

対応とか雰囲気とかも好きなんですが、一番嬉しかったのが "歯磨きの仕方" をとても丁寧に指導してもらえたことでした。 

自分では、ちゃんと磨けていると思っていた部分が、実は全然ダメっだったり…
どんな風に磨いたらいいのかを、美人の歯科衛生士のお姉さんに教えて頂きました。

あんまり嬉しかったので、その話をどうしてもまとめたくて、まとめたくて!
説明に使いたくてイラストも描いてみたので、みなさんの歯磨きの参考にもなったら嬉しいなと思います。

 

歯の正しい磨き方

「歯の磨き方」について書いていきます。
これから歯を磨くよーって方は、ぜひぜひご一緒に。

*準備するもの*

◇歯ブラシ
◇歯磨き粉
◇コップ
◇鏡 

歯ブラシの当て方

f:id:mottii0609:20180409014101j:plain

歯を磨く時には、歯ブラシが「歯と歯茎」に当たるように磨きましょう。
歯ぐきの隙間に汚れがたまりやすいので、しっかりと歯ブラシが当たっているかを確認しながら磨くのがおすすめです。

歯ブラシを当てる時には、歯ブラシの中央部分が当たるようにすると、しっかりと磨けます。

 

歯ブラシの向き

歯ブラシを歯に当てる時には、しっかりと歯に当たる「向き」というものがあります。
私は、全部縦向き・横向きにして磨いたりしてたんですが、歯の場所によって歯ブラシが当たる向きが違うそうです。

しっかりと歯ブラシを当てて磨く為には、歯の場所に注意して当てることが大切ですよ。

外側の歯

外側の歯は、歯ブラシを "横向き" にして磨きます。
歯と歯茎の隙間に歯ブラシの腹が当たるように、小刻みに動かしながら磨けばOK!

内側の歯

内側の歯は、歯ブラシを歯に対して "縦" にして磨いていきます。
この時に、歯ブラシの腹部分が歯に当たるように傾けて磨くので、結構な斜めになります。

歯ブラシの後ろ部分まで歯に当たるイメージで、入れるとちゃんと磨けます!

危ないので、無理のない程度に…

奥歯

内側・外側の両方の奥歯を磨く場合にも、"斜め" で磨いていきます。
歯ブラシが入りにくいので、前歯を磨くよりも少し傾きますが、同じ要領で磨いていくと上手く磨けます!

下の奥歯は鏡で見れるので、鏡を見て「当たっているか」を確認するとわかりやすいです

 

奥歯は、骨を利用して磨く

奥歯の外側を磨く時には、歯の奥の骨を利用して磨くと磨きやすいです。
歯ブラシを奥歯に向けて入れると、奥の方で骨に当たります。

この骨を基準に、上の奥歯を磨く場合には "そのまま上" に…
下の奥歯を磨く場合には、下に「歯ブラシを並行移動」すると奥歯の裏に歯ブラシが当たりやすくなりますよ。

歯ブラシを動かす時に、口を全開ではなく "少し閉じる" と頬に空間が生まれて動かしやすくなるよー

スポンサーリンク

 

 

歯を磨く強さは、歯ブラシがしなるくらい

f:id:mottii0609:20180409014116j:plain

歯を磨く時の強さは、歯ブラシのブラシ部分が「少ししなる」くらいがベスト!
全然しならない人は強さが足りず、しなりすぎの場合には強すぎとなります。

強すぎると、歯ぐきを傷付けてしまうので、ちょうどいいしなり具合を見極めてくださいね。

 

口をすすぐ水は「大さじ1杯」

歯磨きが終わって、口をすすぐ時には大量の水で何度もすすぐのは好ましくありません。
しっかりすすいでしまうと、歯磨き粉の成分が全て流れてしまうので、「大さじ1杯」程度の少ない水がおすすめ。

歯磨き粉の味が気になる場合には、追加ですすいでも可です。

 

歯ブラシは使い分けて

f:id:mottii0609:20180409014110j:plain

歯ブラシには色々な種類がありますが、ブラシ部分の広いもの狭いものなどがあります。
狭くて小さいブラシでは「細かく」磨けますが、その分一つ一つ歯を丁寧に磨く必要があります。

大きなブラシでは、全体にささーっと磨けますが、細かく磨くには難しいです。

丁寧に磨きたい時には、細かい目の歯ブラシを使うようにするなどして「使い分ける」と、歯をしっかり磨くことができますよ。

 

一人ひとりに「磨き癖」がある

歯を磨くという行為にも「個性」があるようで、一人一人に "磨き癖" というものがあります。
歯のプロである歯科衛生士さんでも、癖があるものなんだそうです。

私の場合は、歯ブラシが歯に対して平行ではなく、少し傾けて磨いてしまっていました。
鏡を見ながら磨くと「自分の癖」を知ることができるので、鏡を見ながら磨くのがおすすめですよ。

 

歯磨き粉は「フッ素入り」を…

f:id:mottii0609:20180409014057j:plain

歯磨き粉にフッ素があると "歯を削る!" って聞いたことがあって、それからフッ素なしを選んで使っていたんです。

でも、今回行った歯医者さんでは「フッ素があると歯をコーティングして "虫歯予防" になる」と教えて頂きました。

現時点で、かなり虫歯とかもあったので、フッ素入りに切り替えて試しています。
プロの意見を参考に…

自分でもまた調べたり、色々試してみようとは思いますが、気になる方は「フッ素入りの歯磨き粉」を試してみてくださいね。

スポンサーリンク

 

 

余談

20代半ばにして、初めてこんなに丁寧に歯磨きを教わりました。
学校で聞いたこともあるし、歯医者さんで説明されてこともありますが、実際にやって見て貰って「ココがこうなっていてー」と説明されるのは初めてでした。

本当に分かりやすくて、そうなんだって思うことが多かったです。
勉強になったことが嬉しくて、家に帰ってからも友人に話しまくりましたが、ブログにも書きたかったので書いてみました。

歯磨きは面倒で、シャシャーって終わらせることも多かったんですが、今回色々と教わって改めてしっかり磨こうと思いました。

 

まとめ

いかがでしたか?
今回は「歯磨き」をテーマに書いてみました。 

やっと、書けましたー。
本当はもっと細かい歯のイラストとか描きたかったんですが、画力がw
現時点で、描けるだけのイラストを描いてみました。

今回使ったイラストは、ゆるいらの方に掲載しています。
矢印や丸などの装飾については、このブログ用の加工なのでありません。 

お好みに加工して、使ってみてくださいね。
歯ブラシのイラストも結構描いたので、ぜひぜひ。
*ゆるいらという文字のリンクを押すと、歯のイラスト一覧へ飛べます!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました! 

f:id:mottii0609:20180217114137p:plain