すてらでぃあ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人形は四畳半で夢をみる

社会人4年目の20代女性です。 大好きなアニメやゲームのことや気になったことなどをのんびり書いています。

私が「否定型」になった3つの理由

f:id:mottii0609:20170518190213j:plain

こんにちは、もっちぃですU。・x・)ノ
今日はね。自分の事を書いていきますね。
いつも書いてるけどw

昨日友人に教えてもらって理解したこと、忘れないようにここに書いておこうと思います。
だから、ちょっと退屈な話になってしまうかもしれないけど、良かったら読んでいってくださいね。

【 目次 】

スポンサーリンク

 

 

「 否定型 」の私のこと

f:id:mottii0609:20170518190153j:plain

私は今でこそポジティブな自分でいることが出来ていますが、自分に対して基本的に否定的なんです。

例えば、誰かとケンカした時。
そのケンカの内容に関わらず、私は「 私が悪い 」と勝手に決め付けてしまいます。
それ以外の選択肢が、私の中には存在しないのです。

私の中で自分という存在が一番下であり、それ以外の人はみんな正しいのだという考えがあるからなんです。

自分以外の誰かは常に正しくて、きっと自分だけが間違いで可笑しいのだ
そう思ってしまうんですね。
今でも、たまに思ってしまうことがあるんです。

それで、昨日少し友人に迷惑をかけてしまいました。
本当に申し訳ない。

 

私が「 否定型 」になった理由

私が否定型な性格になってしまった原因をいくつか書いていきたいと思います。

偽装の友人関係

f:id:mottii0609:20170518190158j:plain

偽装と言うと少し語弊があるかもしれないけど、私から見れば偽装のようなものだったと思う。

小学校低学年の頃までは普通に友人がいて、わりと楽しくやっていたんだけどあることをきっかけに昨日まで友人だった人たちが離れて行ったことがありました。

ある意味、私の自業自得なんだけどそれでも自分では凄く仲が良いと思っていた友人だったから、離れて行ってしまったことが悲しくて…
簡単に壊れる程度の人間関係しか、築く事の出来なかった自分に幻滅してしまった。

*詳しくは、こちら ↓

www.stelladia.club

兄からの否定

f:id:mottii0609:20170518190203j:plain

私には、3つ上の兄がいるんです。
一緒に遊んだりもするし、アニメを好きになったのも兄の影響です。
別に仲が悪いわけではないけれど、今思えば実家にいた頃は兄によく否定されていました。

私は、物分かりが悪い方なんです。
難しい説明とかだと1度で理解できないんですね。
でもその代わり1度理解したことは絶対に忘れないんですけど、当時はそんなことにも気づく事が出来なくて。

兄に「 お前はバカだ 」「 だから、お前はダメなんだ 」と言われる度に、自分はバカでダメな人間なのだとそう思うようになっていきました。

兄には、色々なことを言われましたが、たぶん兄は悪口とかで言っているという認識はないんです。

「 兄として、妹に教えてあげている。」
きっと、そんな感じなんだと思う。

兄に何かを言われるのが嫌だから、兄と話す時は余計なことは言わないように最大限の注意を払って話すようになりました。

でも、そうするとね。
会話ではなくなってしまって、彼の一方的な演説という形になってしまうんです。
よくわからない演説を聞いても面白くないし、アニメの話とかだとネタバレが多くて嫌だから兄の話は8割型スルーできるようなスキルが身に付いたw

ちなみに、母もこのスキルを使える(*´艸`*)

スポンサーリンク

 

 

両親の無関心

f:id:mottii0609:20170518190142j:plain

私の両親は、とても優しい人で私や兄に対して過保護な人なんです。
怒られた事なんてないし、私が嫌がるようなことを言ってきたことは1度もありません。

だけど、私にとってそれは無関心なのと変わりませんでした。
何かを相談しても話しても、帰ってくるのはいつだって当たり障りのない言葉だけです。

私がもし間違っていても、それを指摘してはくれません。
私は、それが好きではありませんでした。

今でこそ両親の気持ちを理解することが出来ますが、当時の私はもっと関心を示してほしいと思っていました。

間違っているなら、怒って欲しかった…
「 こう思うよ 」って自分なりの言葉を言って欲しかった。

私が欲しいのは、自分にとって都合のいい当たり障りのない言葉ではなくて、両親の感じたことを両親の言葉で聞いてみたかったんです。
そんなことを思うのは、わがままなのかもしれないけど。

 

兄とケンカをした時に、私は兄にいじめられたとよく両親の所へ行って話していたけど今思えばテレビとかでよく見る「 お兄ちゃんなんだから… 」みたいなお説教が兄にされたこともなかった気がします。

別にそんなのはなくてもよくて、ケンカ両成敗でも良かったけど
ただ、私のご機嫌をとるんじゃなくて「 何が悪かったのか。どうしたら良かったのか。 」それを教えて欲しかったんだよ?って思うのは、いけないのかな。

 

何年も何年も過ぎるうちに、私は少しずつ自分に対して自信がなくなっていきました。
今の友人に出会って、過ごして行くうちに段々と取り戻しつつはあるんだけどなかなか時間がかかってしまいそうです。

手放すのは簡単なのに、取り戻そうとするのはこんなにも難しいものなんですね。

 

約束

f:id:mottii0609:20170518190210j:plain

今回友人とたくさん話をして、原因を探したりして一つ約束をしました。

「 自分を否定しないこと 」

これから、きっと何度もまた迷ってしまうことがあると思うんです。
気分が落ち込んだりとかすると、私は自分のしていることを思ったことを全て否定してしまうんだと思うんです。

だけど、そう思った時にこの約束を思い出そうと思っています。
私の為に何度も言葉を尽くしてくれて、怒ってくれた友人の優しさに答える為に私は私を否定しないと誓います。

今、私が好きだと思うことは間違ってなんかなくて、それを否定する権利は自分にも他人にもないのだから。
そのままの自分を知って、好きになっていきたいと思います。

迷った時に何度でもこの約束を思い出して前へ進んでいけるように、ここに書いておきたいと思います。

 

最後に

いかがでしたか?
今日は、自分メモみたいな。
決意表明みたいな、そんな感じになっちゃってます。
ごめんなさいね。
でも書いておかないときっと忘れてしまうから、書いておこうかなって思ったんです。

私はきっと他の人よりも色んなことを知るのが遅いんです。
今更なんです、本当w

だけど遅かった分だけ、他の人よりもたくさんの経験をして
色々なものを積み重ねていって大人になっていきたいと思っています。

そうしたら自分が考えたことや積み重ねてきたことを、誰かに教えてあげられる事も出来るかもしれない。
私が貰った気持ちを、いつか誰かに返したいなってそう思っています。

長くなりました。ちゃんとまとまったかな?
最後まで読んで頂き、ありがとうございました!