すてらでぃあ

人形は四畳半で夢をみる

社会人4年目の20代女性です。 大好きなアニメやゲームのことや気になったことなどをのんびり書いています。

今更『 君の名は。』を見てきた!

母と映画に行くことになり
今更だけど『 君の名は。 』を見てきたもっちぃですU。・x・)ノ

なんかね…
思った以上だったw

 

今回は『 君の名は。』を見てきたので、鮮明に覚えているうちに感想と紹介を書いていこうと思います。
本当に、今更だけど…
でもまあいいの、いいの( *´艸`)

スポンサーリンク

 

 

「 君の名は。」とは?

f:id:mottii0609:20170302134656p:plain

君の名は。公式HPより出典

あらすじ

千年ぶりとなり彗星の来訪を一か月後に控えた日本。
山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉(みつは)は憂鬱な毎日を過ごしていた。
町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。
小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。

「 来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!!! 」

そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。
見覚えのない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。
念願だった都会での生活を思い切り満喫する三葉。

一方、東京で暮らす男子高校生、瀧(たき)も、奇妙な夢を見た。
行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ。
繰り返される不思議な夢。そして明らかに抜け落ちている、記憶と時間。
二人は気付く。

「 私/俺たち、入れ替わってる!? 」

いく度も入れ替わる身体とその生活に戸惑いながらも、現実を少しずつ受け止める瀧と三葉。
残されたお互いのメモを通して、時にケンカし、
時に相手の人生を楽しみながら、状況を乗り切っていく。
しかし、気持ちが打ち解けてきた矢先、突然入れ替わりが途切れてしまう。
入れ替わりながら、同時に自分たちが特別に繋がっていたことに気づいた瀧は、
三葉に会いに行こうと決心する。

「 まだ会ったことのない君を、これから俺は探しに行く。 」
辿り着いた先には、意外な真実が待ち受けていた……。

出会うことのない二人の出逢い。
運命の歯車が、いま動き出す

君の名は。公式HPより引用

長いよw
簡単にまとめると…

何の接点もない2人の高校生の間で起こった『 人格入れ替わり 』という謎の現象をきっかけに、彼らが未来をつかみ取る為に葛藤する姿を描いたファンタジー作品です。

『 君に名は。』は、秒速5センチメートルなどで知られる新海誠監督の最新作映画になります。話題性も高く、多くの反響があったことが印象的な映画でしたね。

君の名は。は面白いという声を色々なところで聞くけれど、そんなでもないだろうという思いでいました。
しかし、実際に映画を見てみて、話の展開や見ている側を一気に引き込む見せ方に圧倒されました。


「君の名は。」予告

 

スタッフ&キャスト

 【 制作 】
コミック・ウェーブ・フィルム

 【 監督 】
新海誠

 【 キャスト 】
立花 瀧  :神木隆之介
宮水三葉  :上白石萌音
奥寺ミキ  :長澤まさみ
宮水一葉  :市原悦子
勅使河原克彦:成田凌
名取早耶香 :悠木碧
藤井司   :島崎信長
高木真太  :石川界人
宮水四葉  :谷花音

 

 私が「 君の名は。」を見るのをためらっていた1番の理由は、主要となるキャストに俳優さんが混ざっているということでした。

アニメを見慣れてしまっている私は、声優さんの演技があることでアニメ全体が一体化して感情移入しやすいと思っていてなかなか俳優さんの演技になれないのです。

どうしても、声が浮いてしまっているような感覚が消えない…

そんな思いがあって俳優さんがキャストに入っているアニメを見るのをためらってしまうところがあるのですが、今回はそんなに気にせず見ることができました。

 

主題歌

RADWIMPS( ラッドウィンプス )

「 前前前世 (movie ver.) 」
作詞/作曲 野田洋次郎


前前前世 (movie ver.) RADWIMPS MV

「 スパークル (movie ver.) 」
作詞/作曲 野田洋次郎


スパークル [original ver.] -Your name. Music Video edition- 予告編 from new album「人間開花」初回盤DVD

「 夢灯籠 」
作詞/作曲 野田洋次郎

「 なんでもないや (movie ver.) 」
作詞/作曲 野田洋次郎

 

 「 君の名は。」は、音楽がとても素敵でした。
疾走感ある曲から始まって、しっとりとしたバラードなどもあって場面に合わせて上手く切り替わっていく音楽がこのアニメの雰囲気を形作っていました。

 

おすすめポイント!

私が「 君に名は。」をラストのクレジット部分まで全て見て、おすすめしたいポイントをまとめていきたいと思います。極力、ネタバレを避けて書いていきます。

① OPまでで惹き込んでくる演出に圧倒される!

f:id:mottii0609:20170302134647j:plain

君の名は。公式HPより出典

私は「 君の名は。」を見始めて、始めの導入部分からOPが終わるまででこのアニメを最後まで見る!と決めました。

通常のアニメでも1話目というのは重要で、見せ方によって今後この作品を見ていくかというものを決める指標になるものです。
第一印象ってとても大切なんですw

「 君の名は。」はこの第一印象の見せ方が本当に上手くて、この後はどうなる?と次が気になってしまう感じがありました。

 

② 目の前に広がる美しい景色に感動する!

f:id:mottii0609:20170302134651j:plain

君の名は。公式HPより出典

「 君の名は。」は、作画が美しいのも印象的な作品です。
場面場面で映し出される町やビルの美しさ、水や山・空などの風景が本当に綺麗で本物を見ているかのようでした。

特に、太陽や星などが光り輝く様が美しくて大好きです。

③  何があってもあきらめない姿が素敵

f:id:mottii0609:20170302134700j:plain

君の名は。公式HPより出典

「 君の名は。」に登場する高校生2人が、不可解な現象に巻き込まれながらもそれに順応して前へ進んでいく姿が特徴です。

諦めそうになりながらも自分の中に残る思いだけを信じて、力強く歩いていく姿に感動しました。

 

*この先はネタバレを含む内容になりますので、ご注意ください!

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

惹き込まれ具合が半端なかった…

f:id:mottii0609:20170302134648j:plain

君の名は。公式HPより出典

冒頭でも何度も書いてしまっているのですが、正直そんなに期待はしないで見に行ったんです。
話題だったし、ちょっと興味を持っていただけだったんですね。

それが…
映画を見始めて、数分。
始めぼーっと眺めていた私が、OPが終わるころには目の前に広がる世界に釘付けになっていました。
完璧に惹きこまれたw

アニメの1話で惹きこまれる作品を何度も見たことはあるのだけれど、こんなに短時間で惹きこんでくるのかという驚きでいっぱいでした。

OPの音楽のかけ方やタイトルの出し方も絶妙だったのです。
ここ!ってところで上手く入っていて、本当にただただ圧倒されたという気持ちが強かったですね。

 

街並みや自然の風景が綺麗だった

f:id:mottii0609:20170302134649j:plain

君の名は。公式HPより出典

映画が公開される前から風景の美しさには驚いていたのですが、実際に映画館で見てみるとより美しさが際立って素敵でした。

一番好きだったのは日の出と日暮れ。
太陽の光がどこまでものびて、空と一体化する瞬間です。

現実で見ても大好きな風景なのですが、アニメの映像でこんなにも美しい景色が描けるのかと感動しました。

 

強く前向きな姿

f:id:mottii0609:20170302134652j:plain

君の名は。公式HPより出典

「 君の名は。」という作品は、人格が入れ替わるという不思議な体験から話が展開していきました。
知らない誰かの人生を体験するというのは、一見面白いようであり大変なことでもあります。

特に瀧と三葉は何の接点もない関係だったということもあり、お互いが誰なのか?というところから情報を集めなければならず難儀なものでした。

しかし、瀧と三葉は現状に立ち止まることなく常に前向きに対応していて、その楽しそうな雰囲気が見ている私も前向きな楽しい気持ちにさせてくれました。

 

彗星が割れ始めてから、クレジットまで一瞬も目が離せなかった

f:id:mottii0609:20170302134655j:plain

君の名は。公式HPより出典

「 君の名は。」は全体を通して目の離せない展開ではありましたが、特にラストの展開はヤバかったです。

彗星が割れ始めて住民を避難させようとするんだけど、なかなか上手くいかない…

キャラクターたちの焦りと不安がたくさん伝わってきた場面でした。

三葉の表情が好き

迷って悩んで、ひたすら走って
やっとの思いで瀧に出会えた時の三葉の表情も良かったですね。
心の底から嬉しいという気持ちが、この表情だけで理解することができました。

一番好きな場面

ラストのシーンで一番好きなのが、手に書いた名前を三葉が見るところ。
名前ではなく伝えたい気持ちを書いた瀧の思いが短い文章の中に溢れている気がして本当に大好きな場面です。

ラストのタイトルの出し方が好き

私は、作品のタイトルの意味が分かる瞬間が最後に来るのが好きなんです。

「 君の名は。」でも、最後の振り返った場面で君の名はというところがあって
この場面を見たときに『 ここへ、繋がるのか 』というなんとも言えない感動がありました。

AngelBeats!の最終回の奏と音無の会話を聞いて、AngelBeats!ってそういうことかって思ったあのときの感じw

自分の中でタイトルの意味を理解できたような不思議な感覚があって、面白かったです。

 

 最後に

いかがですか?
今回は『 君の名は。』についての紹介と個人的な感想などを書いてみました。

感想をブログに書くと、好きな作品を頭の中で整理できる感じがしてなんだか楽しいです。
たくさんアニメを見ていると、昔見たアニメのことが少しずつ薄れていってしまう気がするのですが
こうして文章に残しておくとその時の気持ちをまた思い返すことができるので面白いです。

 

いつもブログを読んでくれる方、今回ご縁があってこの記事を読んでくれた方
最後まで読んでいただきありがとうございます!

今後も好きなアニメや面白いと思ったアニメのことは、随時書いていきたいと思いますのでよろしくお願いします( *´艸`)