すてらでぃあ

人形は四畳半で夢をみる

社会人4年目の20代女性です。 大好きなアニメやゲームのことや気になったことなどをのんびり書いています。

「夏目友人帳陸」最終回11話感想(ネタバレ有)

f:id:mottii0609:20170719142621j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

こんにちは、もっちぃですU。・x・)ノ
アニメの感想を書くよーと言いつつ、もう7月が終わろうとしていますw
やばい…

とりあえず書きかけだった夏目友人帳陸の感想を書ききろうと思います。
締めくくりのも、またあとで書きますね!

*他の各話感想はこちら ↓

www.stelladia.club

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

夏目友人帳陸 11話「大切なモノ」のあらすじ 

f:id:mottii0609:20170719114912j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

箱崎邸の隠された書斎を探す夏目と名取一行。
屋敷には的場一門・七瀬の姿も見える。捜索中、妖怪に襲われた夏目は、友人帳のことを名取に聞かれてしまい、書斎探しが終わったら名取にすべてを打ち明ける覚悟を決める。

箱崎が孫娘・紅子のために植えた楓の木が見える部屋を中心に遺産探しを再開した一行。
そこで夏目は、箱崎の家族写真と彼の式であろう二匹の龍が写真に写っているのを発見する。
夏目友人帳陸公式より引用

11話は、10話からの引き続きで後半戦。
箱崎邸で書斎を探しをするとともに、夏目と名取さんとの関係が変わり始めるって感じのお話しでした。

確実にバレた瞬間で10話が終わったから、凄く気になっちゃったよ。
まとめて見て良かった(*´艸`*)

夏目友人帳陸 11話「大切なモノ」の話の流れ

f:id:mottii0609:20170719115300j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

今回は、名取さんに友人帳のことがバレたってところからスタートします。
いつも通りに深くは聞いてこない名取さんに対して、夏目の方が積極的に打ち明けようとしてくる姿が印象的でしたね。

この一件が解決したら…
友人帳の話をして、それをどんな顔で名取さんが聞くのだろうとはらはらしました。

f:id:mottii0609:20170719115449j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

f:id:mottii0609:20170719115456j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

2人のやり取りを、先生と柊が何も言わずに見ている姿も個人的に好きなところでした。
夏目と名取さんの問題であるから口をはさむ場面ではないのだけど、この表情と立ち姿に少し考えさせられてしまいます。

 

みんなで書斎探し…

f:id:mottii0609:20170719115713j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

色々あったけど、気を取り直してみんなで今回の目的である箱崎氏の書斎を探すことになる。
一体、どんな部屋なんだろうとみんなで妄想しながら進んでいきます。

f:id:mottii0609:20170719120012j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

先生、可愛いわぁ(*´艸`*)


楓の木 

f:id:mottii0609:20170719120213j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

箱崎氏の書斎を探すにあたって、夏目があることに気づく…
孫が好きだと言ったらすぐに庭に植えてくれたという、あの楓の木の存在。

もし、自分だったら楓の木が見える場所にいたいと思う。

そんな考えから、窓から楓の木が見える部屋を捜索することになる。

f:id:mottii0609:20170719120649j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

この部分に気づくのも夏目の素敵なところだなと思いますね。
情報を聞いて、どんな人物かを想像して…
自分と重ねて考えるってなかなか難しいものです。 

本当に優しい子ですね(*´艸`*)

 

箱崎氏とは

f:id:mottii0609:20170719120702j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

f:id:mottii0609:20170719121034j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

部屋を探して行く中で、箱崎氏という人物が少しずつ見えてくる。
大きな屋敷に、一人で暮らしていたらしい人。

だけど、彼の遺品には家族の写真が残っていた。
大切な家族へ思いを馳せながら、一人この屋敷で何を思っていただろうか。 

f:id:mottii0609:20170719121049j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

夏目は、箱崎氏という人物を少しずつ集めて想像していく…
自分に重ねながら。

 

名取さんと柊

f:id:mottii0609:20170719121953j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

夏目が箱崎氏のことを想像する一方で…
名取さんは友人帳の事について悩んでいた。

「 夏目はこれが終わったら話してくれると言ったけど、私が聞いてしまってもいいものなのかな。」と柊に尋ねる。

f:id:mottii0609:20170719123142j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

名取さんがこういう悩み事系を話す時って、決まって柊な気がするね。

 

f:id:mottii0609:20170719123149j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

「 こそこそ調べ回るよりはずっといい 」
包み隠さず、的確に指摘する柊が好き(*´Д`*) 

 

箱崎氏の式を探そう 

f:id:mottii0609:20170719131034j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

箱崎氏の家族写真には、箱崎氏の従えていたであろうが写っていた。
名取さんにははっきり見えないが、夏目には色も姿も鮮明に見ることが出来た。
凄まじい力w

もしかしたら、屋敷内にいるかもしれない式を探すために夏目は行動を始める。

 

f:id:mottii0609:20170719131311j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

夏目は、たまたま触れた壁に美しい龍のレリーフを見つける。
明らかに怪しい…

f:id:mottii0609:20170719131633j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

数秒の後に、壁から龍がにゅうっと( ゚д゚)
これが、箱崎氏の従えていた式の一人である。

夏目の持っていた箱崎氏の遺品である写真に反応して、出てきてしまったらしいw
そんな大好きなのか。

夏目は式に箱崎氏の書斎の在り処を訪ねてみるが、案の定断られてしまう。
大切な主の積み上げた功績の詰まった場所。

見知らぬ人に渡さないよね。
私なら渡さないもの。

 

箱崎氏とあやかし

f:id:mottii0609:20170719132220j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

式と話を進めていく中で、箱崎氏について夏目が尋ねる。
「 箱崎さんはこの屋敷で寂しい思いを? 」

すると式の龍が語り始める。

「 馬鹿を言え 」
「 あの方は昼も夜もなく妖者を集めては、我らと共にどんちゃん騒ぎ。
大物妖を呼び出しては、イカサマ勝負を仕掛け大量の酒をせしめた。 」

f:id:mottii0609:20170719132547j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

時には、屋敷内を満開の桜でいっぱいにして
彼ら式たちに掃除をさせて、高笑いしていたこともあったそう。

人間に聞く箱崎氏のイメージとはかけ離れた、楽しくてユーモアあふれる素敵な人だったのだ。

 

f:id:mottii0609:20170719132843j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

「 …楽しかったのだ。我々は。 」と式は言う。

 

f:id:mottii0609:20170719132944j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

箱崎氏は、ずっと待っていた。
大切な孫が来ないかと。

玄関口で音がすればすっ飛んで行って、そっと外を眺めては誰もいないことにがっかりして…
毎年、毎年。

あやかしたちとの楽しい日々の中で、埋まらない寂しさを抱えて過ごしていたのだなと式の言葉から想像してしまいましたね。
それは、とても寂しいよね。

 

f:id:mottii0609:20170719133622j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

この式の龍は、そんな箱崎氏を何年も見てきたのだろう。
だったら、尚のこと通せない。 

その気持ちが何でか凄くよくわかってしまう。

 

箱崎氏の書斎と式

f:id:mottii0609:20170719134535j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

箱崎氏の書斎には、箱崎氏の長年の研究成果が残されている。
その中にはいいものもあれば良くないものも当然ある。

だから、書斎はこのまま閉じておきたい
それが箱崎氏の意思だと彼は言う。

f:id:mottii0609:20170719134622j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

自分たちは、主との思い出の詰まった屋敷と一緒にいつまでも眠っていたいだけだが、もし誰かが奪っていこうとするなら自分たちが全て持っていく
そう、式は力強く言い放つ。

こんなに愛されて、箱崎さんは幸せだね。
嬉しいなぁ(*´艸`*)

でも、この式はとても優しくて、もしも何か残ったらその時は好きに持って行っていいという。
自分を見つけた褒美だと。

なかなか良心的な式でしたね。
素敵!

f:id:mottii0609:20170719134657j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

式の話を受け入れて、帰ろうとする夏目も偉かった。
大人だね(*´Д`*)

 

夏目に似ている人

f:id:mottii0609:20170719134714j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

帰ろうとする夏目に、式が声をかける。
「 懐かしく感じたのは気のせいではなかったか。小僧。その顔昔見たことがある。」

箱崎邸に来て、2回目の同じ質問。

夏目は、いつもと同じように返す。
「 それはおそらく祖母です。レイコさんをご存じですか?」 

f:id:mottii0609:20170719135533j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

すると、式からいつもとは違う答えが返ってくる。 
「 いいや男だ。昔お前によく似た面立ちの男に会った気がする。」

ここに来て、やっとおじいさんの存在がチラチラ見えてきました。
レイコさんの会話からも少し出て来ていた人。
気になる…

f:id:mottii0609:20170719135601j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

続きを聞こうとしたところで、別の式の守る場所が襲撃され
式は全てを持っていくために行ってしまう。 

おじいさんの事は聞けずじまいになってしまいました。

 

青い炎と友人帳

f:id:mottii0609:20170719135634j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

箱崎氏の研究資料は、式の青い炎で燃えてしまった。
その青い炎はとても綺麗でどこか優しいような気がしましたね。

f:id:mottii0609:20170719140058j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

2匹の龍は、主の大切な場所と思い出を守って飛び立っていった。

 

f:id:mottii0609:20170719140253j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

研究資料はほとんど焼けてしまったけど、いくつか使える資料が残っていた。
焼けてしまってはいるが、貴重な資料。
みんなで拾えるだけ集めた。

 

f:id:mottii0609:20170719140551j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

一段落ついた頃、夏目は名取さんに約束通り友人帳の事を話した。
青い炎の前で。

祖母のレイコさんのこと。
友人帳のこと。

自分のこと。

f:id:mottii0609:20170719140643j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

f:id:mottii0609:20170719140720j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

思い返すと、本当に色々なことがあって
たくさんのものを積み重ねて、夏目はここまで来たんだなってしみじみと思ってしまいますね。

大変だったねぇ…

f:id:mottii0609:20170719141558j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

先生が何かを考えている時にする、この意味深な目がやっぱり気になる。
目の色が違うんだよね。

今期では描かれなかったけど、凄く気になる…

 

f:id:mottii0609:20170719141149j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

「 そんな危ない物… 燃やしてしまえばいいのに。」

夏目には聞こえていなかったけど、私もきっと名取さんの立場ならそう思うのかもしれない。
大切な友人が危険な思いをするものなんて、なくなってしまえばいいのにって。

これから、名取さんがどんな行動をしていくのか。
また次があるなら、見てみたいね。

 

一件落着

f:id:mottii0609:20170719141849j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

本当に色々あったけど、一件落着。
まだまだ謎も多くて、ここどうなのー!って部分もたくさんあるんだけど
6期はこれで終了みたい。

実のところ最終回だと思って見始めてなくて、終わり頃になってこれ最終回じゃんって気づいたんですw

f:id:mottii0609:20170719142043j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

個人的に6期は、とても濃い内容でした。
キャラ一人一人の焦点が当たったことで、よりそれぞれのキャラに感情移入が出来ましたね。

見せ方とかも面白くて、キャラクターの表情や目線なんかでの表現も本当に好きな部分でした。
考えるところが多い6期でしたが、凄く楽しかったです! 

また、締めくくりでの感想で書きたい事まとめて書きますね(*´艸`*)
ぜひぜひ、7期もやってほしい。

やらなくても漫画買うw
最高の最終回でした。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました! 

//トップに戻るボタンの設定
f:id:mottii0609:20171213143250p:plain
//トップに戻るレンジの設定