すてらでぃあ

人形は四畳半で夢をみる

社会人4年目の20代女性です。 大好きなアニメやゲームのことや気になったことなどをのんびり書いています。

「夏目友人帳陸」7話感想(ネタバレ有)

f:id:mottii0609:20170609094950j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

こんにちは、もっちぃです U。・x・)ノ 
今回は「 夏目友人帳 陸 」7話の感想を書いていきます!

7話は、がっつりとしたレイコさん回。
レイコさんが気まぐれに助けたあやかしとのお話でしたね。 

*他の各話感想は、こちら ↓ 

www.stelladia.club

*ここから先はネタバレになりますので、ご注意ください!

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

夏目友人帳陸 7話感想

f:id:mottii0609:20170609095022j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

7話はレイコさんを恩人と慕うゴモチが現れて、レイコさんのことを語っていくお話。
レイコさんが気まぐれに通っていた森では、センキとヒャッコという力の強いあやかしが花嫁を巡って争っていた。

f:id:mottii0609:20170609095048j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

森の小物妖怪たちはそれを恐れて、助けてほしいとレイコさんにお願いをする。
始めは乗り気ではなかったレイコさんだったけど、無理やり花嫁として捕らわれているキブネの存在を知ってセンキとヒャッコに勝負を挑んでいく。

f:id:mottii0609:20170609095116j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

勝ったものがキブネを貰うという約束をして…

 

f:id:mottii0609:20170609095138j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

今回は、随分鮮明にいつもよりも長くレイコさんがあやかしと関わる姿を見ることが出来た回でした。
何気ない表情とか、言葉とかにやはりどことなく寂しさを感じてしまいましたね。

f:id:mottii0609:20170609095159j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

センキとの勝負は、高い枝の上になっている柿をとってくること。
卑怯だけど、棒を投げて取ったレイコさんの勝ちだった。

f:id:mottii0609:20170609095219j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

最後に取った柿を、センキに渡して去っていくレイコさんがとても素敵でいいなぁって思いましたね(*´艸`*)

 

f:id:mottii0609:20170609095239j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

ヒャッコとの勝負は、縁起物の3つ実が入っている栗を拾ってくること。
広い敷地に探すのは難航したけれど、森の小物妖怪たちの協力によりたくさん集めることが出来た。

f:id:mottii0609:20170609095306j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

f:id:mottii0609:20170609095323j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

レイコさんの強くて毅然とした態度を見て、臆病だった小物たちも心を動かされたようでしたね。
朝日が昇る瞬間がとても素敵で、感動してしまった。

f:id:mottii0609:20170609095345j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

f:id:mottii0609:20170609095354j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

見事にレイコさんが勝ち、キブネは解放。

最後にレイコさんがキブネに言った
「素敵ね、キブネ。帰りたい場所があるなんて…」という言葉が凄く好きです。

f:id:mottii0609:20170609095405j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

この言葉にレイコさんの気持ちが詰まっている気がしました。
それはどことなく寂しくて、この人にも帰りたいと思える場所があったらいいのにと願ってしまう。

f:id:mottii0609:20170609095424j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

今回の件でレイコさんは森のみんなからとても感謝され、慕われていたがもう森を訪れることはなかった。
それ以上関わってしまいたくなかったのかな?
凄く大切にしてしまったら、なくしてしまった時に寂しいから。

それともまた別の気持ちなのだろうか…

f:id:mottii0609:20170609095445j:plain
夏目友人帳陸公式より出典

またレイコさんの事が、もっと詳しく描かれる話があったらいいなと思います。
いい話でした(*´艸`*)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

//トップに戻るボタンの設定
f:id:mottii0609:20171213143250p:plain
//トップに戻るレンジの設定