すてらでぃあ

人形は四畳半で夢をみる

もちがイラストや文字を自由に書いているブログ。

私が人間をやめる為に、諦めた2つのこと

f:id:mottii0609:20170321100405j:plain

こんにちは、もっちぃですU。・x・)ノ

今回は、このブログのタイトルである「人形」という部分について触れていこうと思います。

「 人形 」という言葉は私自身のことです。
これは、いくつかの他の記事でも何度かお話してきました。

しかし、私も始めから無感情な人間だったわけではありません。
今回話すのは、私が自分に興味を失くす「きっかけ」に関することです。

暗めの内容になりますが、良かったら最後まで見ていってくださいね。

スポンサーリンク

 

 

私と幼馴染のこと

f:id:mottii0609:20170321100354j:plain

小学生の私は、何も知らない子でした。
学校生活も普通だし、仲のいい幼馴染もいて割と楽しく過ごしていました。

当時は、ぼっちじゃなかったんですよーw


幼馴染とは、家が近いこともあり、ほとんど毎日お互いの家を行き来してました。
私にとって彼女は、とても "信頼のおける友人" だったんです。

学年が上がるにつれて、幼馴染とはクラスが離れることが多くなり話す機会も減りましたが、心配はしていませんでした。

話す機会が減っても、彼女とは「最高の友人関係」だと勝手に思い込んでいたからです。

 

転校生から始まる…

ある日、私のクラスに転校生が来ました。
小学6年生の頃のことです。

特別変わった様子もない、普通の女の子でした。

当時の私は、そんなに興味もなかったので、この後「転校生の身に起こること」についてしばらくは気づく事ができませんでした。

 

それは、唐突に始まる…

f:id:mottii0609:20170321100403j:plain

何週間かたったある日、ある噂を聞きました。

転校生は、いじめられてる…

それは、転校生がクラスメイトにいじめを受けているらしいという噂。
正直、その時は特に何も思いませんでした。

あくまで噂だったので、「嘘じゃないか?」という気持ちの方が強く信じられなかったのです。

しかし、後にその「噂」を嫌でも信じることになります。

 

クラスの空気の変化

ある時を境に、クラスの空気が何かおかしいことに気づきます。
それは、とても悪い方へ…

転校生へのいじめが、目に見えてわかるレベルになっていたからです。
目の当たりにすることで、初めて現実として認識しました。

しかし、当時の私は少し変わった子です。
簡単にいえば、「空気読めない子」でした。

他のクラスメイトが見て見ぬふりをしている最中で、転校生に興味を抱いてしまったンですね。

彼女は、どうしていじめられているの?
いじめられるに足る理由があるんだろうか?

どんな子なんだろう…

気づけば、声をかけていた。
それで、全てがなくなるとも知らずに。

今思えば、一種の"正義感"のようなものがあったのかもしれないです。
自分が何とかしてあげられるのではないかと。

 

とんだ思いあがりですが、当時は小6。
仕方ないのかもしれないです。

スポンサーリンク

 

 

昨日までの友人は、もう友人ではない

f:id:mottii0609:20170321100356j:plain

転校生に声をかけて以来、彼女とよく話すようになりました。
話してみればなんてことはなく、普通の私と何も変わらない女の子。

「なぜ、彼女がいじめられているのか?」
この疑問だけが頭の中にいつまでも残ってしまっていたけど、よくわからなかったし放置たまま過ごしていました。

彼女と話すことに必死だったのか、周りが見えていなかった私は、この時私に対する周囲の目が変化していることにまだ気づいていません。

別世界

それは、唐突に始まった…
いつものように学校に行くと、教室はまるで別世界のように変化していました。

私が一歩、教室に入ると空気が張り詰める音が聞こえるようでした。
いつも声をかけてくれていたクラスメイトも、私と目が合わないようにどこかを見つめています。

自己防衛。
当然だよね。

まるで、透明人間にでもなった気分でした。


この状況になって、初めて気づく。
「あぁ、私も今日から"いじめの対象"なんだな」って…

そして、この場の原因としてすぐに思い当たることが、その時の自分にはありました。

転校生

転校生をいじめていたクラスメイトが、私を見て嗤っている。
私が転校生と話していたことが "気にくわなかったから" ってことだ。

そんなことで?

何がそんなに嫌いなのか。

そんなことをして何が楽しいのか。
なんでそんな顔で笑えるのか。

もう、何もわからなかったし、知りたくもなかったです。

いじめられるよりも…

当時の私にとって一番堪えたことは、「友人関係の消滅」でした。
いじめのターゲットが自分に向かないように、関わらないようにするのは最高の作戦なんだってわかります。

でも、世間知らずの自分は少し希望を持っていたんです。
「幼馴染だけは違うはず」

クラスすら違って、会うこともない昔の友人になんでそんなに信頼を寄せていたのかわかりませんが、きっと信じていたかったんだと思います。
ただの個人的希望です。

だから、それが打ち砕かれた時が一番痛かったです。
もう、幼馴染も仲の良かったクラスメイトの友人も、誰も私が見えないんです。

 

自分に失望する

f:id:mottii0609:20170321100358j:plain

私に対するいじめは、さほど酷いものではありませんでした。
ただ無視をされるだけです。

それでも、やはり辛くなかったわけではないですが、未だに家族に隠し通せるくらいにはポーカーフェイスを気取れていたと思います。

自問自答

話す相手がいなくなると、自問自答を繰り返す日々が続きます。
一番考えていたのは、仲の良かった友人のこと。

今までの関係は全て嘘?
友人だと勘違いしていたのは私だけ?

何をどうすれば、上手く回ったのだろう…

何度考えても、自分ひとりでは答えなど出るはずがありません。
いつしか「自信」というものが完全に消失した私は、いつしか転校生と話すことさえ止めてしまいました。
でも、後でこの行為自体も、自分に大きく失望する原因の一つでもあります。
転校生の唯一の話相手であった私が、彼女を裏切った。
一番酷いのは自分だと…

何度も、何度も一人で考えました。

兄に話そうと思ったこともありましたが、途中で諦めました。
話せるような関係ではなかったのです。

はけ口もないまま、自信だけを喪失して、この1年間が過ぎ去ることだけを願った。
長い、長い1年間でした。

 

学校が嫌いになる

私の地域では、同じ小学校の人は全て同じ中学へ進学します。
他の地域からも生徒はたくさん入ってくるので、中和はされますが私としては変わらないようなものでした。

「学生時代は、あっという間。貴重だ。」と先生は言うけれど、私にとってこの学生時代は過ぎ去ってほしい時間でしかなかった。

校門を入る一歩、下駄箱に靴を入れる瞬間…
階段を上がって、教室に入る一歩。

それが、当時の自分には重くて仕方がなかったです。
だから学校は苦手でした。

でも今思えば、いっそ楽しめたら良かったなんて思うんです。
先生が言うように、確かにあの時間は貴重。
もう戻ってきません。

あの時期に捨てたもの、見過ごしてしまったものを取り戻すために、私は何年も費やすことになったから。 

スポンサーリンク

 

 

自分という「人間」を諦める

f:id:mottii0609:20170321100400j:plain

小学生以来、私は色んなのものを諦めるようになっていきます。
主に、 "人間関係" にかかわるものを。

 

これ以上、自分に失望したくなかったのもそうですが、無意識に自分の心を守るという効果もあったとおもいます。 

諦めるというと悪いことのようですが、悪いことばかりではなかったかもしれません。
そのおかげで、今こうしてブログを書けているかもしれないから。

初めに諦めたのは「 話す 」こと

一番に諦めたのは、他人との対話でした。

誰かの話を聞くこと
自分の話をすること

どちらも嫌いになりました。
何を話したらいいのか、分からなくなってしまったのです。

頭の中はいつも「空白」でした。

自分の考えを「言葉」にして伝えることは、人としてとても重要なことです。
言葉にすることで考えは具現化します。
言霊(ことだま)ですね。

正確には、自分の中で明確なものとして理解することができるんですね。
私は、この時「 私という人間を認識するための機能 」を捨てたのです。

どうか辛いことがあっても、誰かに話すことは止めないでほしい。
こうしてブログに書くのでもいい。


どうか、誰かに話して、伝えて…
自分ひとりで、考え込まないで欲しい。

あの日の自分にも、そう伝えてあげたい。 

 

次に諦めたのは「 考える 」こと

次に諦めたのは、「考えること」
個人的には、これが一番の損失だったと思っています。

"考える" ことは、他の何を差し置いても重要なことです!
考えることを止めてしまったら、成長することができません。

現状で止まってしまうんです。
何も進まないし、何も変わっていかない。

「楽しい」とか「悲しい」とか、当たり前の感情すら曖昧になって、いつしかわからなくなってしまいます。
自分を失くしてしまいます。

そして、この「考える」という力は一度無くすと、取り戻すのに倍以上の時間を費やすことになります。

考えすぎれば、自分の心が壊れてしまう。
でも、考える行為をそのものを全て放棄すると、自分そのものを失くしてしまう。

どうか考え続けてほしい。
自問自答ではなく、誰かと一緒に。

 

最後に

いかがでしたか?
今回は、ちょっと暗めの内容でした。

自分の経験と、経験から伝えたいことをまとめました。
もし、タイムスリップがあって、過去の自分に出会えたら伝えてあげたいことばかりです。

もし、今悩んでいる方がいたら、どうか信頼できる人を見つけてください。
そして考え続けてください。

失くすのは簡単ですが、取り戻すのはとてつもなく困難ですから。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

f:id:mottii0609:20180217114137p:plain