すてらでぃあ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人形は四畳半で夢をみる

社会人4年目の20代女性です。 大好きなアニメやゲームのことや気になったことなどをのんびり書いています。

「ホンモノ」を探す、感動する青春アニメ『 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 』のススメ

f:id:mottii0609:20170308224835p:plain

バイトの夢を見てテンション低めだったけど、俺ガイルを見たら一気に復活したもっちぃです。

ついに、ついに!!
見終わったよ、俺ガイル(*'▽')/

いやー。
もうね、超良かった!

ということで、このテンションのまま感想を書いていこうと思います。

今回見たのは、『 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 』の方なので、1期の感想はまた後日ということにさせて頂きます。

書きたいことがたくさんあるので、前書きは短めにしてさっそく書いていこうと思います。

 

『 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 』とは?

f:id:mottii0609:20170308223017p:plain

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続公式HPより出典

あらすじ

過去のトラウマと、独自のひねくれた思考回路によって
「ぼっち生活」を謳歌しているように見える比企谷八幡は、
ひょんなことから生活指導担当教師、平塚 静に連れられ「奉仕部」に入部する。

同じ部に所属する息を呑むほどの完璧美少女・雪ノ下雪乃や、
クラスの上位カーストに属するギャル・由比ヶ浜結衣とともに、クラスメイトの人間関係の問題の解決から文化祭実行委員の運営に至るまで、
数々の案件をこなす毎日をすごしていた。

季節は移ろい、秋。八幡ら2年生は修学旅行に行くことに。そんな中、奉仕部に持ち込まれた依頼とはいったい!?

 新登場の一色いろはも加わって、彼らの関係もさらに複雑さをみせ始める。
――八幡のやさぐれた価値観も少しずつ変化せざるをえない、
そんな経験を通し、果たしてこの先、彼の高校生活はどんな展開を迎えるのか!?

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続公式HPより出典

この作品は、渡航さん原作のライトノベルが原作です。
あらすじを簡単にまとめると・・・

世間を斜めから見てしまう主人公とその周囲の人との関係を描く、青春ストーリーになっています。

1期からこの作品を見ていましたが、1期では主人公が一人で問題を解決していく感じという印象が強かったです。
見ていて、少し寂しい感じ。

しかし、この2期では主人公と周りの人との関係、心境の変化が描かれているので共感しやすく、キャラクター一人一人をよく理解することが出来ました。

『 ラブコメ 』という言葉がタイトルに入ってるけど、一般的にラブコメといわれるものとは違ってほぼシリアスな展開になっています。
確かに、青春ラブコメとしては正しく間違っていると思うw


「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続」PV第1弾

 

スタッフ&キャスト

【 原作 】
渡 航

【 制作 】
feel.

【 監督 】
及川 啓

【 キャスト 】
比企谷八幡 :江口拓也
雪ノ下雪乃 :早見沙織
由比ヶ浜結衣:東山奈央
一色いろは :佐倉綾音
比企谷小町 :悠木 碧
戸塚彩加  :小松未可子
葉山隼人  :近藤 隆
材木座義輝 :檜山修之
折本かおり :戸松 遥
平塚 静   :柚木涼香
雪ノ下陽乃 :中原麻衣
三浦優美子 :井上麻里奈
海老名姫菜 :ささきのぞみ
川崎沙希  :小清水亜美
戸部翔   :堀井茶渡

 

OP&ED

【 オープニング 】
『 春擬き( はるもどき ) 』
歌:やなぎなぎ


【やなぎなぎ】10thシングル「春擬き」視聴用MV

1期と同じく、2期のオープニングもやなぎなぎさんです!
優しくてどこか耳に残るメロディと、歌詞が印象的な曲でした。

徐々に変化していく主人公たちの心境の変化が多く描かれている今作にピッタリな感じだと思いました。

1度聴いたら、何度も何度も聴き返したくなるそんな素敵な曲( *´艸`) 

 

【 エンディング 】

『 エブリデイワールド 』

雪ノ下雪乃( cv.早見沙織 )
由比ヶ浜結衣( cv.東山奈央 )

エンディングテーマは、雪ノ下由比ヶ浜が2人で歌う曲になっています。
元気がいいというよりもしっとりとしたバラードのような曲になっていて、本編を見終わった後にすーっと心に入ってくるような感じになっていました。

早見さんと東山さんの透き通るような優しい声が、キャラクターの気持ちをとてもよく表現していた曲になっていて大好きです。 

 

 おすすめポイント!

 私が『 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続  』を全話見終わって、おすすめしたいポイントをまとめていきたいと思います。極力、ネタバレを避けて書いていきます。

① 多彩な表現力

f:id:mottii0609:20170308223732p:plain

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続公式より出典

『 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続  』は、1期とは制作会社が変わっていて、作画も変わってしまった部分が多い作品です。

しかし、個人的には2期の方が好きです。

キャラクター一人一人の表情の変化が細かく描かれていて、瞳の光の当たり具合一つでこんなにも感情が変わっていくのかというのが伝わって本当に面白かったです。

小さな変化も細かく丁寧に描かれていたので、その場の雰囲気が伝わりやすかったですね。

② 演出が最高だった!

f:id:mottii0609:20170308223213p:plain

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続公式より出典

2期は、見せ方が1期の時よりも格段に上がったという印象を受けました。

なんでもない風景やキャラクターの何気ない行動、何度もかかるオープニングもこだわって作られていました。

1度見たら、各場面の意味を理解するために『 何度も見たくなってしまう! 』そんなアニメに仕上がっていますよ。

③ 『 友情関係 』とは何なのかを考えさせられる

f:id:mottii0609:20170308223901p:plain

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続公式より出典 

『 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続  』では主に、主要キャラクターである3人の友情関係について描かれています。

友情とは何なのか?

不器用なキャラクターたちが、このテーマについて必死に悩んで答えを探す姿が素敵なんです。

 

 *この先は、ネタバレを含む内容になりますのでご注意ください!

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

友情とは、本物とは何なのか?

f:id:mottii0609:20170308223935p:plain

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続公式より出典

俺ガイル1期では、周りと上手く関わっていけない主人公が、成り行きとはいえ色々な人と関わっていく物語でした。

1期の頃は、本当にただのぼっちが一人で問題解決に奮闘しているという印象が強かったです。
ギャグっぽい感じも強かったので、見やすい感じの話であったと思います。

反対に2期の方は、1期に比べるとシリアスで3人の曖昧な距離感に深く踏み込んだ内容になっていました。

 

仲が悪いわけではないのだけれど、すごく良いというわけでもない。
友達か?と聞かれると自信を持っては言えないそんな関係でした。

そのままの関係を維持すれば、ある程度楽しくはいられるのかもしれないがその先はない。

果たして、それは本物の友情関係なのだろうかということについて比企谷・雪ノ下・由比ヶ浜の三人は苦悩することになる。

何度も悩んで、その度に立ち止まるのだけれど、それでも前へ進んでいこうという姿が本当に格好良かったです。

 

f:id:mottii0609:20170308225257p:plain

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続公式より出典

友情関係について、未だに私も同じことで悩んでいたので、今回この作品を見てとても共感をしました。

この作品を最後まで見ることで、自分の中でもやもやしていた気持ちに一つ答えが出るような気がして見始めたら止まらなくなってしまいましたw

本物は、自分たちで作っていくもの

自分がこの人と本当の友人関係を作っていきたいと強く望む瞬間が訪れたら、それがきっと本物なんですね。

どこかでわかっていた答えを、この作品を見ることで改めて理解できたような気がします。

 

由比ヶ浜の成長が著しい

f:id:mottii0609:20170308224004p:plain

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続公式より出典

由比ヶ浜は、1期の頃は明るくてムードメーカー的な印象もありましたが、どこかみんなに流されているというか合わせている感じの強いキャラクターでした。

しかし、2期になってとても頼もしいキャラクターへと成長していました。

 

生徒会選挙に立候補しようとした時の姿は、1期の頃とは比べ物にならないくらい成長した姿でした。
真剣な表情、決意に満ちた目が彼女の強さをとてもよく表していました。
自分というものを少しずつ見つけて、思うがままに行動する姿は格好良かったです!

f:id:mottii0609:20170308224023p:plain

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続公式より出典

最終回で比企谷と雪ノ下を集めて、自分の思いを話す姿も素敵でしたね。
少し前までは、考えられないくらいの行動力。
惚れましたw

2期を見て、強くたくましい由比ヶ浜の事が大好きになりました。

 

小町ちゃんが優しすぎる

f:id:mottii0609:20170308224059p:plain

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続公式より出典

主人公の妹である小町ちゃん。
1期の頃は、ただの明るくて可愛い妹という認識でしたが、2期でこのイメージががらりと変わりました。

八幡の最大の味方。

彼女ほど、比企谷の味方になってくれる人はいないのではないかと思うくらい、どんな時でも彼の味方をしてくれていた姿が印象的でした。

1番好きだったのは、喧嘩した後に仲直りをするシーン。

f:id:mottii0609:20170308224331p:plain

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続公式より出典

ドアの前で佇む優しい小町ちゃんの表情が素敵で、ちょっとは怒っていたんだろうけれど待っていてくれたんだなという感じが伝わってきました。

小町ちゃんも大人っぽくなりましたね。
大好きです!

 

シリアスなシーンが多かった2期の中で、小町ちゃんの元気の良さがいいアクセントになっていた気がします。

 

先生がカッコイイ!

f:id:mottii0609:20170308224356p:plain

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続公式より出典

いつも、比企谷の味方でいてくれる先生。
常に格好良く大人として、先生として的確なアドバイスをくれるキャラクターでしたね。

けして答えまでは語らず、比企谷に考えさせる姿はまさに『 理想の先生 』という感じでした。
こんな先生に私も出会ってみたいです( *´艸`)

f:id:mottii0609:20170308224416p:plain

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続公式より出典

ちょっと褒められて、喜ぶ姿もギャップがあって可愛らしかったですね。

 

演出が素晴らしかった!

『 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続  』では、場面ごとの見せ方が本当に素晴らしかったんです!

オープニング、一つとっても本編の内容に合わせて少しづつ変化していっていて面白いんですよ。

オープニング

f:id:mottii0609:20170308224454p:plain

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続公式より出典

例えば、1話のオープニングは映像事態が他の回とは別物になっていました。
3人の仲の良い様子も描かれていたのが特徴的でしたね。

f:id:mottii0609:20170308224704p:plain

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続公式より出典

しかし、3人の関係に変化が見え始めるとそれに合わせて、オープニングも少しずつ変わっていきます。

 

特に好きだったのが、ティーセットの演出。

f:id:mottii0609:20170308224742p:plain

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続公式より出典

始めはカップが飲み終わった後の感じで並んでいるのに、3人の関係に影が差してきたときにはカップが逆さになっていた。

f:id:mottii0609:20170309004419p:plain

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続公式より出典

関係が少し改善してきた終盤には、比企谷の湯飲みが並んでいましたね。

3人の心境の変化を、ティーセットの位置や状態で表しているのが面白かったです。

 

キャラクターの表情

f:id:mottii0609:20170308224933p:plain

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続公式より出典

2期は、1期の時と会社が変わっていてキャラクターのデザインも結構変わってしまっているんですね。

1期の方が良かったという方も多いかと思いますが、私は2期のデザインがとても気に入っています。

それは、表情がとてもわかりやすくなっているからなんですよ。

瞳の光の当たり具合
まぶたが少し下がる感じ

なんでもない表情一つ一つに感情がこもっていて、キャラクターの細かい心境の変化がわかりやすかったです。

f:id:mottii0609:20170308224948p:plain

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続公式より出典

人間関係が描かれる作品ですから、細かい表情がわかりやすい方が見ている側に伝わりやすいので共感しやすかったですね。

 

 オープニングの歌詞が素敵すぎる!

f:id:mottii0609:20170308225035p:plain

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続公式より出典

オープニングは、やなぎなぎさんの春擬き。
この曲の歌詞がアニメととても良く合っていて、素敵なんです!

特に好きな歌詞がこれ ↓

道を変えるのなら
今なんだ

 

春擬きという曲は、基本的に比企谷目線で描かれていると個人的に思っています。

『 道を変えるなら 今なんだ 』という短い言葉に、比企谷の決意と強さを感じました。
回を増すごとに、この言葉の意味がどんどんわかってくる感じがして何度も何度も聴いてしまいましたw

比企谷の決意が描かれる一方で、終わりに雪ノ下の言葉であろうという感じの諦めたような寂し気な言葉が入ってくるところも大好きな部分です。

「 でもそれは よくできたフェアリーテイルみたい。」

フェアリーテイルというのは、おとぎ話という意味合いで使われる言葉です。
楽しい時間も友情と呼ぶには本物とは呼べなくて『 そうなったらいい 』と思いつつも、少し諦めてしまったような雪ノ下の心情がこの言葉に溢れています。

この言葉がただただ悲しくて、そんなことないよって言ってあげたくなるけど
悩んでしまう気持ちが、凄くよくわかってしまうからさらに切なくなった。

 

「 ありがとう 小さな芽 みつけてくれたこと。」

これは、春擬きの最後の歌詞になります。
最終回を見てから、この歌詞を見ると本当に嬉しくなる( *´艸`)

 

アニメを見て、この春擬きという楽曲を聴くと何度もアニメの良さを楽しむことが出来ます。

『 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続  』に、これ以上ピッタリの曲はないのではないかというくらい最高の音楽でした!

 

最後に

いかがでしたか?
書きたいことがありすぎて、アニメを見終わってから3時間半ずっとこの感想を書いています。
いやー、もう本当に楽しいです( *´艸`)

まだまだ書き足りないところも多いので、また追記するかもしれませんが今回はいったんこれで終わりにしたいと思います。

『 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続  』という作品に出会えたこと、本当に嬉しく思います。
こんなに自分と同じような考えや悩みが出てくるアニメは初めてなので、教科書みたいな気持ちで見てしまいました。

何度も、何度も見返したい作品です!

 

原作の小説も2年ぶりに発売されるそうなので、絶対買いに行きたいと思っています!

タイムリーで良かったです( *´艸`)
2年も待たされたら、もう・・・
泣くw

今年の4月に発売予定なので、気になった方はぜひ原作の方も読んでみてくださいね。

長くなってしまいましたが、最後までありがとうございました!