すてらでぃあ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人形は四畳半で夢をみる

社会人4年目の20代女性です。 大好きなアニメやゲームのことや気になったことなどをのんびり書いています。

今更見てきた「劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―」感想

f:id:mottii0609:20170428181645j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

こんにちは、もっちぃですU。・x・)ノ
やっと、やっと見れたんだよ!
オーディナル・スケール(*゚ロ゚)

昨日見てきたんだ。
映画の公開が今日までだったから、急いで1期と2期を見直して行ってきたんですw
そのせいで、アニメの感想記事が滞ってるけど…

それだけの価値はあったから!
アニメの感想記事も今日から頑張って更新していくので、宜しくお願いします。

そんな訳で。
今回は、「 劇場版 ソードアート・オンライン ― オーディナル・スケール ― 」の感想を書いていきたいと思います。

【 目次 】

スポンサーリンク

 

 

「 劇場版 ソードアート・オンライン ― オーディナル・スケール ― 」とは?

f:id:mottii0609:20170428173058j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

あらすじ

2022年。天才プログラマー・茅場晶彦が開発した世界初のフルダイブ専用デバイス≪ナーヴギア≫
――その革新的マシンはVR(仮想現実)世界に無限の可能性をもたらした。
それから4年……。
≪ナーヴギア≫の後継VRマシン≪アミュスフィア≫に対抗するように、一つの次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。
≪オーグマー≫。
フルダイブ機能を排除した代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた最先端マシン。
≪オーグマー≫は覚醒状態で使用することが出来る安全性と利便性から瞬く間にユーザーへ広がっていった。
その爆発的な広がりを牽引したのは、≪オーディナル・スケール(OS)≫と呼ばれる≪オーグマー≫専用ARMMO RPGだった。
アスナたちもプレイするそのゲーム に、キリトも参戦しようとするが……。

劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より引用

テレビシリーズでも人気の高かった、SAOの劇場版映画作品。
この作品は、テレビアニメシリーズで描かれていたVRと呼ばれる仮想現実とは違い、新たに開発されたARという拡張現実での世界を中心に描かれているのが特徴です。

お馴染みのメンバーたちの繰り広げる展開と、新たなシステムによって発生する問題に立ち向かっていく物語という感じになっています。


「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」本予告 2017年2月18日公開

 

スタッフ&キャスト

【 原作 】
川原 礫

【 制作 】
A-1 Pictures

【 監督 】
伊藤智彦

【 キャスト 】
キリト:松岡禎丞
アスナ:戸松遥
ユイ:伊藤かな恵
リーファ:竹達彩奈
シリカ:日高里菜
リズベット:高垣彩陽
シノン:沢城みゆき
クライン:平田広明
エギル:安元洋貴
茅場晶彦:山寺宏一
ユナ:神田沙也加 
エイジ:井上芳雄 
重村教授:鹿賀丈史  

 

主題歌

【 主題歌 】
「Catch the Moment 」
歌:LiSA


LiSA 『Catch the Moment』-Music Clip RADIO EDIT ver.-

 

【 挿入歌 】
「Ubiquitous dB」
「longing」
「delete」
「Break Beat Bark!」
「smile for you」
歌:ユナ( cv. 神田沙也加 )

 

sao-movie.net

*この先はネタバレを含む内容になりますので、ご注意ください!

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各キャラクター感想

劇場版SAOでの、各キャラクターの印象を書いていきたいと思います。

キリト

f:id:mottii0609:20170428174515j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

キリトは1期・2期と見てきて少しずつたくましく、強くなってきたなという印象を持ちました。
元々能力は高かったし、才能もあったと思うけれど弱い一面も多かったように思います。

f:id:mottii0609:20170428175019j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

今回の劇場版では、なんというか…
頼もしいなぁって思ったんです。

f:id:mottii0609:20170428175211j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

根本的な彼の優しい部分は変わらないんだけど、気の使い方とか要所要所で冷静に対応する姿が今までで一番大人っぽく感じましたね。

 

アスナ

f:id:mottii0609:20170428174511j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

アスナは頼もしくて優しくて、常に落ち着いている印象のキャラクター。
包容力があってなんか本当にお母さんみたいに感じる時がありますね。

f:id:mottii0609:20170428175330j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

今回も序盤の方は、凄く頼もしくて率先してクエストに挑む姿が印象的でした。
周囲への指示も的確で、今でも副団長のような威厳がたまに垣間見えます。

f:id:mottii0609:20170428175246j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

側にいるとホッとしてしまいそうな、そんな雰囲気を持っているアスナが大好きです。

 

ユイ

f:id:mottii0609:20170428174506j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

ユイちゃんは、いつもいい働きをする。
情報収集もそうだし、ユイちゃんがいると和む場面が多いです。
優秀な子だなぁという印象ですね(*´艸`*)

f:id:mottii0609:20170428175518j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

ラストバトルの時に、みんなの装備をSAOの装備にしてくれた計らいが素敵過ぎだった。
可愛くて元気いっぱいのユイちゃんが大好きです。

 

リーファ

f:id:mottii0609:20170428174503j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

キリトの妹で剣道少女。
VRだったら凄く強そうな気がしていたけど、今回はそんなに出なかったね。
直葉が剣道の合宿に行っているという設定だったから、しょうがないw

f:id:mottii0609:20170428175737j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

でも最後で出てきた時は、嬉しかったなぁ(*´艸`*)
リーファを見てると元気出るから好き。

 

シリカ

f:id:mottii0609:20170428174508j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

SAOからの仲間のシリカ。
小さくて可愛い(*´艸`*)

f:id:mottii0609:20170428175937j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

他の子よりも年下ってイメージで、性格も年相応って感じで好き。
不器用ながらに一生懸命気を使っている感じが、初々しくて可愛くていい子だなぁって思ってしまいました。 

いつも一生懸命なシリカが大好きです。

 

リズベット

f:id:mottii0609:20170428174502j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

ぼったくり鍛冶屋で有名なリズ。
アスナとは違う意味で大人という印象のキャラですね。

f:id:mottii0609:20170428180005j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

親しみやすいんだけど、場面場面でちゃんと空気の読める。
上手いこと言えないけどそんな感じかな。

元気いっぱいで、周りを明るくしてくれるリズが大好きです。

 

シノン

f:id:mottii0609:20170428174509j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

シノンは冷静で物静かだけど、頼りになる相棒って感じ。

f:id:mottii0609:20170428180039j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典


今回は、SAO時代の記憶が消えてしまうという設定があったから、SAOにいなかったシノンだからこそキリトの力になれる場面とかがあって良かったなって思います。

可愛いって言うより、シノンはカッコイイ(*´艸`*)

 

クライン

f:id:mottii0609:20170428174501j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

ムードメーカーでキリトと良い友人であり、兄弟のようにも見えるキャラクター。
結構好き。

劇場版では早めに退場してしまったけど、テレビアニメ版ではあまり見ることのなかったクラインの一面が見られたなぁという感じがありました。

f:id:mottii0609:20170428180108j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

あまり落ち込むことのないキャラクターであり、常に諦めない前向きな性格が特徴といった感じだったから意外でした。

彼にとってもSAOでの思い出はいいことばかりではなく、忘れたいと思うこともたくさんあったのだなって感じましたね。

 

エギル

f:id:mottii0609:20170428174512j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

エギルは今回はそんなに出なかったけど、見えないところでキリトの力になってくれてましたね。
クラインとはまた違う感じ。
親しみやすいみんなのお父さんって感じかなw
良いポジション。

f:id:mottii0609:20170428180355j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

ラストバトルに参戦してくれた時は、嬉しかったです (*´艸`*)

 

茅場晶彦

f:id:mottii0609:20170428174514j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

1期でラスボスだったのに、その後に何度も出てくるこの人。
何度も見ているうちに、悪い人!って感じに思えなくなってくるw

何を考えて、この人はどうありたいのだろうと考えさせられてしまうキャラクターですね。

 

ユナ

f:id:mottii0609:20170428174507j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

今回の映画での新キャラクター。
ARアイドル。歌姫という感じだったかな。

f:id:mottii0609:20170428180200j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

個人的には、悠那の方が好きだったけど。
彼女がSAOでどんな風に過ごしていたのか、どんな人物だったのかもう少し見てみたかったなって思います。
原作にはあるだろうか…

f:id:mottii0609:20170428180241j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

劇場版で、そこまで描くのは難しいんだと思うけど
それが見られたら、このキャラクターをもっと好きになれる気がします(*´艸`*)

 

エイジ

f:id:mottii0609:20170428174513j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

VRのランキングで2位にいる青年。
SAO時代に悠那と知り合いであり、彼女を復活させる為に必死になっている姿が印象的でした。

f:id:mottii0609:20170428180312j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

彼と悠那の関係がもっと知りたかったなぁ。
エイジという青年がどういう人物なのかがわからなくて、悪役という感じが私の中でどうしても強くなってしまった。

f:id:mottii0609:20170428180324j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

たぶんそれを知ってから見れば、彼の行動の一つ一つに重みがあったんじゃないかなって思いますね。

 

重村教授

f:id:mottii0609:20170428174510j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

悠那の父であり、SAOの生みの親である茅場の所属していたゼミの先生。
娘をSAO世界に行かせてしまったことを後悔し、蘇らせようと画策する劇場版での黒幕的な存在かな。

f:id:mottii0609:20170428180515j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

f:id:mottii0609:20170428180524j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

情報が少なかったから、想像だけだとやっぱり可哀そうって感じまでには思えなかったけど、悠那との関係をもう少し見ることが出来たらこのキャラクターのいい部分も見ることが出来るのかもしれないと思います。

 

戦闘がカッコよかった!

f:id:mottii0609:20170428180624j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

戦闘が超カッコ良かった(*´艸`*)
劇場版ならではの、大迫力の音と動きが本当に素晴らしかったです。

f:id:mottii0609:20170428180707j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

テレビアニメシリーズの時点でも戦闘の迫力は凄くて大好きでしたが、劇場版はそれが更にパワーアップしている感じでしたね。

f:id:mottii0609:20170428180739j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

一瞬一瞬の動きに緊張感があって、面白かったです。
ボスモンスターの登場するところとか、襲ってくるところとかちょっと怖いくらいでしたね。

 

悠那という存在

f:id:mottii0609:20170428180839j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

劇場版では、ARという新たな技術を中心に巻き起こる問題を解決していくというものでした。

その問題の中心人物であるのが「 悠那 」というSAOにいた少女でした。
彼女を蘇らせる為に、彼女の父が仕組んだシステムにキリト達SAOサバイバーが巻き込まれていく。
映画として、とても面白い内容でした。

f:id:mottii0609:20170428180854j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

だけど、悠那を掘り下げた話をもう少し見たかったです。
どうやら第3週の来場者特典で配布されていた「 ソードアート・オンライン ホープフル・チャント 」で描かれているらしいw
超見たい!!

この映画の主軸となるのはやっぱり「 悠那 」であると思うから、彼女の過去を知って2人の関係を知って深く知りたいと思ってしまいましたね。
これがわからないと、自分の中でのキャラクターの印象が薄くなってしまう…

キャラクターを深く知った上で、一つ一つの行動・言動をもう一度見てみたい。
きっと印象がガラッと変わると思うんです。

どこかで入手できたら、もう一度映画を見てみたいですね(*´艸`*)

 

 

アスナとユウキ

f:id:mottii0609:20170428181026j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

ラストバトルでユウキが、出てきたのを見つけて泣いてしまったw
2期を見てすぐ見に行ったので、ユウキの言葉一つ一つ表情をあの一瞬で思い出してしまって嬉しくなって感動しましたね。

アスナとみんなをユウキが守ってくれたみたいです。
映画の中で、一番大好きなシーンですね(*´艸`*)

ユウキが大好き。

 

最後に

f:id:mottii0609:20170428181202j:plain
劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―公式より出典

いかがでしたか?
今回は、「 劇場版 ソードアート・オンライン ― オーディナル・スケール ― 」の感想を書いてみました。

ARという新しいシステムが面白かったですね。
いつか本当に現実になりそうw
体感してみたいなって思ってしまいましたね。

映画を見るにあたって、1期・2期と見直していたんですがやっぱりSAOは面白いです。
一瞬一瞬に緊張感があって、一度見始めると目が離せなくなってしまうw
2期も最高に面白かったので、今度感想を書きたいと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!