すてらでぃあ

人形は四畳半で夢をみる

社会人4年目の20代女性です。 大好きなアニメやゲームのことや気になったことなどをのんびり書いています。

Q:これは小学校の卒業式ですか?→ A:いいえ、中学校です

f:id:mottii0609:20170301085549j:plain

仕事の日は朝が弱いのですが、休みで出かける予定があると
楽しみすぎてつい早起きをしてしまうもっちぃです( *´艸`)

子どもっぽいですよねw

 

さて今回は、はてなブログの今週のお題である『 卒業 』について書いていきたいと思います。

今日から3月がスタートしました。
今年度も終わり、卒業式を迎える学生さんも多いかと思います。

おめでとうございます (≧▽≦)/

ということで、今回は『 中学校の卒業式 』の思い出を書いていこうかなと思います。

スポンサーリンク

 

 

予行演習が苦行だった…

f:id:mottii0609:20170301085743j:plain

卒業式を行う時期が近づくと、本番に向けて予行演習をしたりしますよね。

入場や退場のやり方や卒業証書の受け取り方
校歌の練習など

とにかく練習がたくさんあって面倒だった覚えがあります。

中でも私が1番苦手だったのが…

『 返事の練習 』

卒業証書を受け取る時って、まずステージの近くまで歩いて行って順番を待って
自分の名前が呼ばれたら返事をしてからでないと証書を受け取ることができません。

ただ返事をするだけならいいのですが、大きな声で返事をしろというのが本当に苦行でした。

当時の私はほとんど話をしない性格で、たまに声を出すと
『 もっちぃってこんな声してたんだね。』と言われる始末。

そんな私に体育館の端から端まで届くほどの大声を出せと?
いやいや。無理だからw
マイク使えばいいじゃんか。

私が大声を出すのは好きなアニメの神回見た時だけなんだよ、先生( ゚Д゚)

 

という気持ちでいっぱいだったが、そんなことを言えるわけもなく必死で大声を出していましたw
大きな声出さないと帰してくれないんですもん。

最終的には 「 まあいいでしょう 」という感じだったのですが、私は無事に予行演習を突破することができました。

都会の中学校ではやらないって友人に聞いたんですが、本当ですか(;゚Д゚)

 

 大声つながりで、呼びかけも苦手だった…

卒業式というと、卒業生が3年間の思い出を大声で呼びかけるのも印象に残っています。

『 楽しかったー 』

『 修学旅行! 』ってやつ

 

あれもまた大声出せって言われるんですよね。
しかも、学年全体で順番に掛け合いをしていかないといかないのでミスが許されない。

私の声が小さくてやり直しになったら、すごく気まずいのでそれは避けなけらばならない!

この練習が、人生で一番頑張って声を出したかもしれないです。
本当に辛かったw

 

謎の感動と寄せ書き

f:id:mottii0609:20170301085551j:plain

卒業式は泣くもの

そんなイメージが自分の中に漠然とあったのですが、私は学校に何の思い出もないつもりだったので特に感動するとかはないだろうと思っていました。

しかし、卒業式当日…
謎の感動が私を襲うw

いや、楽しかったことなんてなかったはずなんだけど。
休み時間に校内を徘徊したことしか覚えてないんだけど、なぜか感動する。

周りを見ると一部の生徒と先生が泣いていた。

はっ!これがもらい泣きってやつか( ゚Д゚)
ええーいーあ~♪

私はこの時初めて、もらい泣きという言葉の意味を理解しました。

 

寄せ書きのこと

卒業式が終わった後に、クラスでみんながやっていたのが卒業アルバムへの寄せ書き。

皆さんもやったことあるでしょうか?

 

私は…
なぜか、やったことがありますw

そんなに話したこともない子の卒業アルバムにも書いた気がします。

今思えば、何してるの自分。
って感じなのですが、卒業式効果なのかな?

なんかその時は誰かの卒業アルバムに書きたくなったし、自分のにも書いて貰いたくなったんですよね。

しかし、後で冷静になって見返すと色々と悲しくなるので、あまりおすすめできませんね。

 

最後に

いかがでしたか?
今回は私の中学での卒業式の思い出を書いてみました。

学校が好きではなかった私にとって卒業式も楽しいものではなかったですが、こうして思い返してみると少し笑い話にして話すことができるので良かったです。

自分もあの頃から成長したのだなと実感します。

卒業は、色々な意味で節目の行事になると思います。
今までいた場所から新しい場所へ旅立っていくための儀式。

これをすることで、気持ちの整理がつくことも多かったです。

これから卒業をする方も既に卒業された方も、卒業という節目で上手く気持ちの整理をして新しい場所でも自分らしく頑張ってくださいね。