すてらでぃあ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人形は四畳半で夢をみる

社会人4年目の20代女性です。 大好きなアニメやゲームのことや気になったことなどをのんびり書いています。

朝食が苦手な私のあったか朝ごはん!レンジで出来る簡単茶碗蒸し

日常

f:id:mottii0609:20170317175222j:plain

珍しく早起きをして、久々にまともにZIP!を見ることに成功したもっちぃです(*'▽')
コーヒー入れてたら貝社員見逃したw
明日は絶対見るぞ!

 

さてさて。
今回は、私が朝ごはんとして重宝している「 レンジで作れる茶碗蒸し 」の話をしたいと思います。

実は私、朝ごはんを食べるのが苦手なんです。
学生時代は、学校に行くのが嫌すぎて食べられなかったんですけど、社会人になってからは仕事が嫌すぎて食べられないんですw

ちなみに、休みの日は何時だろうが普通に食べられる。
不思議ですよね。

まあ、そんな感じで朝ごはんはなるべく食べやすいものにしようと心がけています。
何かいいものはないかと考えていた時に、出会ったのが『 茶碗蒸し 』だったんです。

元々、茶碗蒸し好きだったということもあり、今では我が家の定番メニューになっています!

 

茶碗蒸しってなんだっけ?

f:id:mottii0609:20170317175224j:plain

茶碗蒸しというのは、日本料理の一つとして有名で回転寿司なんかのメニューにもあったりしますね。

小さめの茶碗に、溶き卵やだし汁を加えて銀杏・干し椎茸・三つ葉など様々な具材を加えて蒸し上げる料理の事です。
見た目は、プリンをもっと柔らかくしたみたいな感じをしていて、だしや卵の風味がたまらないんですよ( *´艸`)

私は、温かい茶碗蒸ししか知らなかったのですが、どうやら暑い夏場には冷やした状態の茶碗蒸しに、冷たいだしをかけて提供されるそうです。
美味しそう…
食べてみたいです( ゚Д゚)

 

茶碗蒸しの可能性は無限大

茶碗蒸しは、地域によって変わった具材や食べ方をすることも多いのが特徴です。
例えば…
茶碗蒸しに使われる具材にうどんを加えた料理があります。
これは、小田巻き蒸し( おだまきうどん )と呼ばれているようですね。

また、茶碗蒸しの具材に豆腐をプラスして作り、最後に葛あんをかけたものは空也蒸しなんて呼ばれます。

f:id:mottii0609:20170317175337j:plain

他にも、青森県や北海道などでは銀杏ではなく栗の甘露煮を使って作ることもあるのだそうです。
どんな味なんでしょう…
甘いのかな?
美味しそう(*´ω`*)

アレンジ一つで、自分好みのものを作れてしまうのも茶碗蒸しの魅力の一つですね。

 

我が家のレンジで作る茶碗蒸し

では、茶碗蒸しの説明がざっと終わったところで、我が家で作っている茶碗蒸しのレシピを簡単に紹介していきたいと思います。

材料

・鶏卵:Mサイズ( 50g程度 )1個
・白だし:大さじ1弱
・水:大さじ5( 75ml )

我が家の茶碗蒸しは、具なしで作っています。
朝食にしたいので、手間をかけない形で作っているんですよ。

正直に言うと、面倒なだけですw
あんまり食べられないし…

 

卵の大きさによって水の量を調整すると、量が変わっても上手く作ることが出来ます。

Mサイズであれば、水は大さじ5。
Lサイズであれば、水は大さじ4に。

大きくなるにつれて減らすといい感じです。
正確にやりたいときは、卵のMサイズは大体50g程度になりますのでそれに合わせて水の分量を計算してもらえればいいかと思います。

白だし

白だしというのは、簡単にいうとだし汁の変わりなのですが。
塩などで調整もされているので、だしをとって味を調える作業をしなくてもいいのが魅力的な調味料です。

ちなみに、うちのはコレ。

鶏の風味がいい感じなんです。

白だしの量は、基本固定で作っています。
大さじのスプーンいっぱいではなく、少しだけ少なめに入れると味がちょうどいいです!

濃いめが好きな方は、大さじ1杯でもOKです。
白だしは、少しでかなり味がついてしまうので入れすぎないように注意してくださいね。

 

作り方

① スープカップに、卵を割り入れます。
② ①に白だし・水を加えてよく混ぜます。
*小さめのホイッパーを使うとよく混ざって、白身が綺麗に切れます。

③ しっかりと混ざったら、カップにラップをしっかりとかけます。
④ 500wで5分間加熱しましょう。
⑤ 食べれます。

*加熱後はカップがとても熱くなっているので、取り出すときにはやけどをしないように注意してくださいね。

カップの大きさとレンジの時間

我が家で、何度も実験をした結果…

直径:10.2cm
深さ:7.5cm

このカップで作ると、「 500wで5分 」温めれば茶碗蒸しの絶妙な軟らかさに仕上がることがわかりました。

始めは小さめの湯飲みでチャレンジしたのですが、見事に卵焼きになりました。
これはこれで、だし巻き卵みたいな感じになったので美味しかったですw

茶碗蒸しを作るときは、少し大きめのスープカップを使うと成功率が良いです。

最後に

いかがでしたか?
この茶碗蒸しを知ってから、作るのにハマってしまい毎日のように作っています。
自然と飽きないんですよねw

今回紹介したレシピは、具材が入っていないものになります。
「 冷凍のむき枝豆 」や「 カニカマ 」なんかをさいて入れるだけでも美味しいので、ぜひ色々入れてみて下さい。
粉末の生姜なんかもオススメ!

具材を足す場合には、水の量と白だしの量をほんの少しだけ足すと味が薄くならずに美味しく作れますよ。

朝は、誰しも体が冷えているものです。
冷え性の私は特に…

茶碗蒸しを食べると、ちょっとポカポカしてくるので、けだるい朝もテキパキ活動できて嬉しいですね( *´艸`)

「 なんかよくわからなかった! 」って方は、ぜひコメントください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!