すてらでぃあ

人形は四畳半で夢をみる

もちがイラストや文字を自由に書いているブログ。

友人に貰った一生忘れられない「言葉」

f:id:mottii0609:20180307124616j:plain

こんにちは、もっちぃですU。・x・)ノ

今回は、ずっと書きたかった「友人との話」を書いていこうと思います。
友人と出会ったばかりの頃の、一生忘れられない日の話です。

お時間ありましたら、ゆっくり覗いていってくださいね。

スポンサーリンク

 

 

人付き合いは苦手… 

友人とは、専門学校時代の同級生でした。

人と関わりたくないから、大学に行こうかと思ったこともあったけど、ここで頑張れなかったら社会人として働いていけない気がして、あえて私の大嫌いな「クラス」のある専門学校に進学しました。

当時の自分は、まだ人付き合いが苦手で誰かの話に合わせるのに必死でした。
合わせるばかりで、自分を出すことができずにとても悩んでいる時期でもありましたね。

そんな時に、「友人」に出会ったんです。
今思えば、この人に会えたことは幸運だったなと思います。

友人は、自分よりも6つくらい "年上" の人です。
人付き合いも上手くて、年下の人ばかりが多い環境でもとても楽しそうでした。

興味はありましたが、凄く大人で自分とはあまりにも違う…
きっと話すこともないだろうと、その時は思っていました。

 

メール

f:id:mottii0609:20180307124626j:plain

「友人」とは、始めは友達の友達程度の関係でした。
たまに話すこともありましたが、口下手で上手く話せず会話が弾むこともなかったです。

そんなある日。
共通の友達から、「友人とメールのやり取りをしてみないか」と言われました。

悩んだけど、気になっていた人だったので、成り行きで始めてみることにした。
この始まりが、この先とても感謝することになる「素敵な出会い」になりました。

スポンサーリンク

 

 

帰り道、電車の中

f:id:mottii0609:20180307124620j:plain

友人とのメールは、とても楽しいものでした。
正直、毎日やり取りをしていました。

好きなアニメとかゲームの話とか。
今まで友達は何人かいたけど、本当に好きなものの話をしたのはこの時が初めてだったような気がします。

自然と友人とは話が合って、話す度に「今度は何話そうかな」って話したいことを考えている自分がいました。
ホント不思議なんだけど…

「おはよう」から「おやすみ」まで、ホントよく続いたなぁって今思うと笑ってしまいますね。

忘れられない言葉

ある学校の帰り道。
電車に揺られていると、友人からメールが届きます。

いつものようにすぐ携帯を開くと、そこには優しさがいっぱいでした。
なんて言ったらいいかわかんないw

「もっちぃは、いつも頑張ってるよね」

あ、ここで言うもっちぃは本名がはいるとこ。

たぶん。何気なく言っただけの言葉だったと思います。 
たったこれだけの言葉です。

でも、何故だか "涙" が止まりませんでした。
私にとっては、とても「価値のある言葉」だったから。

この言葉は、あの日の自分が自分に言ってあげたくても、言うことを許せない言葉でした。
もっと頑張らなければと思うことで、やっと歩いていたんです。

「頑張った」と「もう十分だ」って思ってしまったら、そこで自分が終わってしまう気がしていたんです。 

そんな時に貰った言葉だったから、本当に嬉しかったです。
「許されたような」そんな気がしました。

正直、嬉しくて泣いたのは、この時が初めてでしたね。

 

この日を境に、友人に今まで以上に関わってみたくなり、
たくさん話して、色んな場所に行って、知らないことをたくさん知って…

そんなこんなで、今の自分に至ります。
色々あったなぁ(*´艸`*)

スポンサーリンク

 

 

後日談

f:id:mottii0609:20180307124623j:plain

当時のメールのことを、何年か経ってから友人に訪ねてみました。
「どうせ、なんとなく言ったんでしょー」って、ちょっとひねくれながら聞いたんですが、わりとちゃんとした理由がありました。

私が周囲に必死に合わせているの、バレバレだったらしい。
笑ってるけど、笑ってない的な。

いつも誰かと一緒に話してるけど、自分の話はそんなにしないし、ほぼ聞き役。
世話好きだったこともあって、色々他人に気を使ってばかりいました。

そんな私の姿を見ていて、思ったことを言っただけだったと、後で教えてくれました。

この人、なんでこんなにいい人なのさ(*´艸`*)
って思ったけど、恥ずかしいから言いませんw

 

今でも当時の情景を、今でも思い出します。

電車内の風景と、まだガラケーだったころの携帯に映し出される文面と
寝ているふりをしながら、バッグに伏せて泣いていたあの日のことを。

きっと一生忘れないと思います。

当時を思い返す度に、友人には一生、頭が上がらないと思うし、一生分かけて「ありがとう」って言っても足りないと思っています。
頭はそんなに下げてないけど、むしろ反り返ってるけど

今はまだ頼りなくて、友人の力には全然なれていないんですが、本当に困った時には絶対力になってやるって思っています!

 

最後に

いかがでしたか?

今回は、友人との話を書いてみました。 
昔のこと書くのは、苦手なんだけど書きたかったので書いてみました。

私は友人に出会えたことで、生きていく楽しさをたくさん教えて貰いました。
本当に会えて良かったと思っています。

もし、今小中学時代に戻れるなら「この先とても素敵な人に会えるから」って、「だからもう少しだけ頑張って」って言いたくなってしまいますね。

自分と同じような人で悩んでいる方が、素敵な出会いに恵まれますように。
そんなことを思いながら、この記事を書いてみました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました! 

f:id:mottii0609:20180217114137p:plain